SCENT OF WOMAN ―PACINO'S SPEECH

Chicago Boothのリーダーシップ研修、「LEAD」でも教材として使用したが、この映画のクライマックスでパチーノがぶちかますスピーチは本当に鳥肌モノだ。過剰な演技で他を圧倒し、画面いっぱいに存在感を放つパチーノの得意技が功を奏した作品(時には失敗もしていますが・・・)。ゴッドファーザーの抑えた演技もパチーノの魅力だが、こういうハイ・エナジーぶちかまし系の演技をしているときのパチーノは本当に魅力的だ。(他だと「スカーフェイス」が有名かな)。

動画4分過ぎたあたりからのくだりが特によい。「どの道が進むべき正しい道かは、俺は知っていた。知っていたが、その道を選ぶことはしなかった。なぜか?その道はあまりにも苦しい道だったからだ。」

I'm not a judge or jury. But I can tell you this: he won't sell anybody out to buy his future!! And that, my friends, is called integrity! That's called courage! Now that's the stuff leaders should be made of.

I always knew what the right path was. Without exception, I knew. But I never took it. You know why? It was too damn hard.

Now here's Charlie. He's come to the crossroads. He has chosen a path. It's the right path. It's a path made of principle -- that leads to character. Let him continue on his journey.



少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2009-04-19 01:16 | Movie

<< マネー資本主義 招かれざる者 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE