きつねのはなし

「夜は短し歩けよ乙女」で有名な森見登美彦の「きつねのはなし」が面白い。カンクンのビーチで読むのには適さない感じだが、森見氏の作品の中で一番好きになりそうだ。近日に感想文を書く予定なり。
[PR]

  by helterskelter2010 | 2009-12-18 12:16 | Books

<< シューカツ完了 CANCUN2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE