7 Questions: How to get admitted to Chicago Booth

Admissionへのインタビュー記事のご紹介。
基本的な内容ばかりですが、これからMBA受験を考える方のご参考に。

ちなみに今年の某大MBAの合格状況を聞いていると、外資企業(特にコンサル・投資銀行)出身者が例年より多くなっている印象。ちゃんと数字みていないので正確には分かりませんが。他方、Chicago Booth合格者は日本企業出身者の方が多い気がしますね。

当然、出身企業はAdmissionにとって参考データの1つでしかない。でも、MBA合格に有利なバックグラウンドてのもありそうな気がする。他方、俺の前職の会社(日系)なんて米国では全く知名度ないだろうし、まず選考で有利に働いた要因とはいえないだろう。でも合格したので、やはりレジュメ・エッセイ・インタビューでのアピールをしっかり見ていてくれたんだなあ、と思う。

「ドメ(non帰国子女)で、ドメ企業出身なんですが、大丈夫ですかね?」と不安げにご相談されるMBAアプリカントの方もいらっしゃるが、大丈夫、ドコにいたということよりも、ナニをしたかが重要。胸張ってこれまでのLearning・Achievement、そして入学への動機を語れば、チャンスはあります。
[PR]

  by helterskelter2010 | 2010-04-19 06:06 | MBA受験

<< 「キャリア」について ―①JO... 経済の新陳代謝 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE