<   2008年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

Costa Rica紀行① モンテヴェルデ

1日目はサンホセからモンテヴェルデへ移動。運転手のウィリーはかなりのイケメン。長身でがっちりした体型、長い髪を束ねている。風貌から何となくそうかなーと思ったら、やはりサーファーだった。「コスタリカは非常にDiverseだ。動物、植物の種類も多いし、カルチャーだって地方によってかなり異なる。太平洋側とカリブ海側でもだいぶ異なる」
どっちの海のほうがいい波がくるんだい、と聞くと、「カリブ海は天気が読めないが、デカイ波がくる」とのこと。

2日目はCloud Forestでハイキング&バードウォッチング。正直、鳥なんてほとんど興味なかったが、ガイドのメルヴィンていうおっさんがあまりに熱心に解説し、鳥を探すので、木を見るとつい鳥の姿を追ってしまうようになってしまった。

メルヴィン、鳥探索に没頭中
b0131315_13182579.jpg


このおっさん、ハイキング中なのに鳥が見えそうになると、平気で20分以上も立ち止まり、長大な望遠鏡を使って木の高いところにいる鳥を追おうとする。まあ、そのおかげでなかなか見ることのできない鳥、「ケツァル」を目撃できたんだが(写真は妻のブログ参照)。
ガイド終了後も、「今日はケツァルのオスとメス、両方見られたぞ!」と客以上にはしゃいでいる。そんな満足げなメルヴィンを見て俺もなんか嬉しくなる。あんた、好きなことを仕事にしているよ。

午後はスカイウォークといってまた森の中をハイキングするんだが、こちらは主に植物観察(激渋い)。ガイドのイケメン、プリズンブレイク君(ドラマの主人公にくりそつ)が解説。物静かな青年だが知識はハンパなく、どんな質問にも答えるし、分かりやすく説明することにも長けている。「すげえな、どこで勉強したの?」と聞くと、大学で「エコツーリズム」の学位をとったのだそう。コスタリカ、エコツーリズムを強化産業にしているだけあって、そんな学位があるんだね。

こういう橋を何本もわたる
b0131315_13264542.jpg


鳥と同様、植物にも全く関心がなかったが、2時間も解説を聞きながら森の中を歩いていくと、なんだか面白く感じてくる。変化する環境に対応して、生き抜くために、植物はそれぞれの生き残り戦略をとっている。虫やハチドリの関心をひくために鮮やかな色をまとうもの、逆に虫に食われないためにあらかかじめ葉に穴をあけておくもの、鮮やかな色がないので変わりに川に種を落として下流に流し、そこで花咲かせようというもの、他の植物にからみついて共生するもの、朝と夜で形を変えるもの等々、その差別化戦略の多様性には驚かされる。そして死んだ植物はまた土壌に還元され、森の滋養となる。個別の植物はそれぞれ生きぬくために頑張っているが、それが森全体をサステイナブルなものにしている。いやはや、勉強になりました。

・・・なーんていう風にコスタリカの自然に感銘を受けて、自然保護への意識を高め、はては寄付等の貢献をしてもらう、というのがエコツーリズム。カネはもちろんとるんだが、同時に自然保護に対する意識を醸成してもらおうという、「啓発的な」側面もある。
これはガイドがバカだとダメだ。だから大学で「エコツーリズム学位」をつくったり、おそらくその他の教育投資をいろいろやっている。「エコツーリズム」が成功しているまれな国らしい。

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-31 13:40 | Private Life

シカゴ学派の転身?

金融危機にいたり、市場を尊重するシカゴ大学も政府の介入・救済に肯定的に。ファイナンスのFama、Cochraneなどは政府の積極介入には否定的だそうだが。

ちなみにこの記事で初めてCochraneがFamaの義理の息子ということを知った。CochraneのCorporate Financeの授業は評価が高いので、たぶんSpring Quarterで受けると思う。
こういう危機の前後に、すごい経済学者が登場することがある。ケインズ、フリードマン、ハイエクに続く学者が登場するか。もう経済学自体、「およびでない」と言われてしまうのか。

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-31 08:25 | Research

Costa Rica ―Magical Mystery Tour

脳内で鳴っていた音リスト。

①Satori / Rodrigo Y Gabriela
②Orion / Rodrigo Y Gabriela
③Ol'55 / Tom Waits
④Guantanamera / Wyclef Jean
⑤Punky Bad Hip / Blankey Jet City
⑥God is God / Juno Reactor
⑦The Moon Room (Mixed by Adrian Sherwood) / Audio Active
⑧Skylagging (Feat. Geozedik) / Audio Active
⑨Somebody to Love / Jefferson Airplane
⑩Tequila Sunrise / Eagles
⑪Symphony No.5 4th Movement / Gustav Mahler

とりとめもなく、その場の気分で頭の中で鳴っていた、あるいはたまたまipodに入っていたのを聞いていた音タチ。
サンホセから5時間、最初の宿泊地を目指しながらハイエースに乗り山岳をガタガタ揺れながら登っていく。車窓から見事な夕焼けを見ながら①、②のアコギを頭の中でかき鳴らす。途中通過した小さな村の雰囲気とも、このラテンノリの音は良く合っていた。
真っ暗になった頃にモンテヴェルデのホテルに着く。③のTom Waitsは夜にしか聞けない。酒強くないけど、ウイスキーを飲みたくなる。同じアルバムだとMarthaとかGrapefruit Moonの方が名曲かもしれないが、聴くたびに泣きたくなるのでやめておく。Tomみたいなしわがれた声を出したいと願って、無理に毎日タバコと酒をあおっている友人が昔いた。でもそんなに声は変わらなかった。ちょっとした酒焼け程度じゃああのヴォイスは無理か。

Rainy Forestを探索し、珍しい野鳥や動物、植物に遭遇しながらも、常に④を口ずさんでしまう。「Guantanamera~♪」もともとある曲をサンプルとして使っているんだが、つい最近まで妻は俺が勝手に作った曲だと信じて疑わなかった。俺が音痴からか、あるいはこの曲が俺レベルでも歌いそうな凡庸なメロディーだからなのか。おそらく前者が原因だろう(ゴッドファーザーpart 2のあるシーン(キューバ)でバックで流れていて、そこで妻はようやく気がついた)。

アレナル火山に向かい、また長距離移動。「俺たちの国境は地平線さ」と⑤で意気を高揚させる。温泉では再び④のループ。夜中、部屋のシャワーから温かい水がで出ずゲンナリ。妻は果敢にシャワーを続行し、唇を震わせながらシャワー室からでてくる。ここはホテル設備がイマイチだった。

トルトゥゲーロ村に移動。河、森林一帯が保護されている。俺はグッドネイチャーと叫ぶ、しかしいい加減もう少し綺麗な部屋で寝たいと少し思ってしまう俺はややバッドネイチャー。でもここのロッジではシャワー温水が出たので歓喜。
小さなボートで野生観察に出かける。右も左も森林、常に虫や鳥の声が遠くから聞こえてくる。一種神々しい自然。⑥God is Godは名曲(アルバム全体としてはイマイチ)。

エコツーリズムに興味が引かれる。モンテヴェルデのガイドも、トルトゥゲーロのガイドも、みな恐ろしくクオリティが高い。スペイン語、英語をたくみに使い分け、コスタリカの経済、政治、社会についてもbig pictureを分かりやすく説明するし、nature guideは目にするあらゆる生き物、植物の生態について深く教えてくれる。どんな質問にも答える。コスタリカはエコツーリズムで成功しているが、その背景にはこのような人材の質の高さ、そしてそれを支える教育投資(軍がない分、予算を教育にバンバン使っている。賢明)があるのだろう。

⑧、⑨はHappersというEPに収録されている。俺はレコードを持っているが、この手のダブ音源としては最高峰の出来だ。代々木で行われていた危ないパーティーを思い起こす。ちなみにTha Blue HerbのBossがラップしている「スクリュードライマー」がA面だ。トルトゥゲーロは、ジャマイカの影響が大きく、レゲエも普及しているし、ローカルの人間もみなlaid backした感じだ、とガイドが紹介していた。半分冗談だと思うが、ここはダブが良く似合う。

都会のサンホセに戻り、2泊する。薄汚い町だという印象。そして都会につきものの一種のいかがわしさがそこらの路地に漂う。バッドネイチャーだが、ここもコスタリカの一部だ。というか中心。I want somebody to love!と歌う。夜は特に⑨が鳴り響く感じだ。ローカルビールのImperialを飲みながら夜を過ごす。ホテルのエレベータに乗っていると、カップルが入ってくる。顔を真っ赤にした長身の白人と、ローカルのケツが異様にでかい女性。コトを終えた次第。こういう風景はよくコンサル時代に出張した東南アジアでも良く見た。ホテル1階のレストランに入ると、Eaglesの⑩が流れている。常に人の話し声でガヤガヤしているし、外では物売りがうるさい。こういう雰囲気は嫌いじゃないが、あんまり長居する場所じゃない、2泊で十分。

空港でImperialビールのTシャツを、妻が呆れ顔で見ているのも無視して購入。今回格安だからという理由で使ったSpirit Airlineは、サービスが価格に見事対応したレベルなので、次回はあんまり使いたくないと思う。
Mahlerの⑪を聞きながら、座席深くに体を沈め、シカゴまでのフライトに身をゆだねる。こういう綺麗な曲を最後に聴くのがいい。

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-30 06:51 | Music

Near to the end of the trip

Our trip in Costa Rica is near to its end....had a lot of amazing and exciting time! Eager to report on this blog soon.

Tomorrow we will depart San Jose and come back to Chicago!!
[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-28 07:35 | Private Life

Off to Costa Ricaaaa!!!!

b0131315_6104968.jpg

I'm heading to Costa Rica tonight!! Had enough with cold Chicago, I wanna see some wild life in the exotic forests. My Spanish hasn't improved a bit since Honjuras, but we'll see what we can do.

Happy holiday and a Happy New Year to all of you guys !!

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-22 06:14 | Private Life

晴れた日にまだGMは見える・・・・・か?

b0131315_1011149.jpg

GMとクライスラーに$17bn融資を政府が発表。とりあえずGM、クライスラーは3ヶ月間の延命が可能になった。やっぱりカネだしたかー、そりゃ出すよねえ。焼け石に水的だとしても、つぶれるとインパクトがでかい。

GMの財務諸表見ると、とにかくCOGSがでかいね。もちろん売上高も減少しているけど、利益率がヤバイ(06年:約9%、07年:約8%)。レガシーコストはなくなったわけじゃないし(かなりB/Sを悪くしている)、日系メーカ等と比べると相当に高い労賃コストも大きな負担。こりゃたくさん車売っても儲からんわ(現状だと、「たくさん売る」というのは不可能だけど)。

GM再建請負人として、カルロス・ゴーン氏に期待する声が大きいのは、もちろん日産V字復活の実績を評価してだけど、「コスト・カッター」としての手腕を期待している部分が大きいだろう。確かにGMって何かと無駄が多すぎる。政治的な配慮とか一切無視して、コスト削減だけを考えるなら、労働コスト、ディーラー数(トヨタの5倍・・・販売量に比して多すぎ)はすぐにでも手をつけるべきエリアだ。

でも労働コストはあの強大な労働組合であるUAWとの交渉が必要になるし、ディーラーの合理化は州のフランチャイズ法に従うと、そう簡単にはできないものらしい(ため息)。

金融危機の前なら、いっそ日産がGMを買っちゃうという手もあったかもしれないが(当時たしか企業価値がGMの2倍)・・・トヨタに負けず劣らない超イケテる小型車とかハイブリッド車が一晩でできるわけはないから、コスト・カッティングが現実的な処方箋になるのか。その意味ではゴーン氏は適任なのかもしれない。

でも日産のV字回復のほとんどは財務リストラで達成されたもので、実はその後「イケテる車を作って売る」っていう本業がめちゃくちゃ良くなったわけじゃない。ゴーン氏は「コスト・カッター」としてはずば抜けているけど、自動車ビジネスを長期的な成功に導く戦略家としてはやや、物足りない気もする。財務畑のワゴナー氏よりはいいとは思うけど。じゃあGMを長期的に立て直せるのは誰?っていうことで、トヨタ出身のマネージャーなんかが出てくるとカッコいいんだけど、日本人のリーダーシップを評価させられていいんだけど、無理かなー、難しいだろうなあ。コストカット後は、例えばトヨタの張さんと内山田さんのツートップで米国大企業を再建できたら、それはそれはすごいし可能だと思うんだけど。

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-21 10:38 | Research

ハッピーに生きた有名人・・・そんなもん分かりません

スカイプで実家の親と話す。月額695円で固定電話にかけ放題のプランを利用。結構使える。スカイプ同士で話すよりも音質がいいし、親に毎回PCを起動し慣れないヘッドセットを装着してもらわずに済む。

イギリス在住時代からご縁のあるロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の教授Jさんが日本滞在中で、ウチの親は食事にお招きしたそう。俺も子供の頃から仲良くさせてもらっている。その後、東大の大学院での俺の指導教官がJさんと懇意だということを知り、また縁を感じる。

ウチの親がミドルネームのつけ方についてJさんに聞いてみてくれたらしい。何でもミドルネーム用の名前というのは別になくて、例えば実の親のファーストネームをそのまま採用することも良くあるのだとか。ファーストネームとして使われている名前が、ミドルネームになっても全く問題ない、ということ。なーんだ。だからアマゾンで検索しても「ミドルネーム事典」とかないのね・・・

ちなみにJさんのご子息のミドルネームは、Sebastian。J. Sebastian Bachからとったのだそう。有名な作家、音楽家、小説・映画の主人公、あるいはセレブ(笑)から名前をとることも多いのだと。音大生の妹は、「じゃあ、Amadeusでいいじゃん!」と叫んだらしいが、それはHelterSkelter Jr.にはtoo muchだ・・・ていうかあんまり縁起のいい名前でもない。ウチの親いわく、「別にジンクスとか関係ないけど、できればハッピーに長生きした人の名前のほうがいいんじゃない?ブラジルでセナの名前をとって『アイルトン』ってミドルネームをつけた子が、交通事故に遭って死亡したらしいよ。その名前をつけたからそうなったわけじゃないけど、やっぱり気持ち悪いじゃない?」

うーん、こりゃまた制約条件がついていきたな。俺が好きな作家、音楽家・・・
ヘミングウェイ、ランボー、ドストエフスキー、ジム・モリソン、ダモ鈴木、、、、ダメだ、みんなイカレ野郎か早死にしているじゃねえか、第一、暗すぎるぞ、もっとハッピーそうな奴は・・・
ハンター・トンプソン、ブコウスキー、ウィリアム・バロウズ、、、ダメだ、それなりに長生きしているし楽しそうだがみんな何かのジャンキーだ。

ここに来て俺の悪趣味を呪う。ハッピー→笑っている、笑える→芸人という発想しかつながらん。パッション屋良とかガリガリガリクソンとか?
妻から死刑宣告されそうな感じになってきたので今日は寝て、また明日考えよう・・・

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-20 14:58 | Private Life

Nighthawks

b0131315_11175633.jpg

俺の愛してやまないEdward Hopperの名作、「Nighthawks」のポスターをシカゴ美術館で購入してきた。額縁にいれて居間に飾る予定。こんなカッコイイ、クールな作品はそうあるもんじゃない。もっとリアルなキャンバス地のコピーがあって、本当はそっちを買いたかったのだが、より高価だったので妻から「贅沢だ」と却下された。無職学生の立場なので何も言えない。

シカゴ美術館の展示もまた一通り見てきた。Georgia O'Keeffeの作品が印象に残った。俺は近代以降の絵画が好きなんだが、妻は中世~17世紀くらいの作品が好きなので、そこは微妙に嗜好が合わないんだが、別に俺も宗教画は嫌いではないので一緒に見る。コンテンポラリー・アートのコーナーでは、Gerhard Richter(ソニックユースのアルバムジャケにも採用されている)のphoto paintingがなかなかカッコよかった。
b0131315_12525122.jpg


それにしてもナマで「Nighthawks」を見られたのは最高。
お供にする音としては、それこそTom Waitsの「Nighthawks at the Diner」か、Eddie Costaの超名盤「House of Blue Lights」か。

b0131315_12552047.jpg

b0131315_12553420.jpg


少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-19 12:57 | Art

MBA内定取り消しの悲痛

といっても、就職内定取り消しと違ってこの不況とは何の関係もありません。Kelloggが、rejectする予定だった50名のアプリカント(出願者)に対して、誤ってaccept 通知のメールを配信してしまった模様。詳細はここ。

メールを受け取った出願者は、ぬか喜びに終わった形に。
こ、これはツライ。Kellogg側はメール配信の技術的なミスだとして詫びており、出願フィー($235)を返済するというが、出願者への精神的ダメージはでかいだろう。

ビジネススクールに出願して、結果を待っているときのあの不安な時期、あれは経験した者しか分からないだろう。時差があるもんだから、深夜に気になって起きてメールチェックしてみたり。メールが来たと思ったら不合格通知で、恐ろしく落ち込んだり。

一度合格したと思ったのを、後で取り消されるというのは、ちょっと想像するだに恐ろしい。
何とも気の毒なニュースです。

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-18 13:55 | MBA受験

オバマ目撃情報

シカゴにいれば、オバマに会える。シカゴのハイドパーク(シカゴ大がある地域)に、オバマの邸宅があるので、もちろんそこを見学することも可能だが、オバマ本人を見るのは難しいだろう。でも、意外なところでオバマを間近に見ることが可能な場所があるのだ。

それは、Regents Parkというアパートのフィットネスクラブ。このRegents Park、Chicago Booth生には人気のアパート。ハイドパークに住むならRegents Park、という評判で、俺たち夫妻もシカゴで2年過ごす住居の候補の1つだった。

Chicago Boothに入学した頃から噂には聞いていたのだが、ここRegents Parkのフィットネスクラブで、オバマが時々お忍び的にトレーニングしている、というのだ。
「まさか!Regents Parkっていったってそんな超高級アパートでもないし、ましてセキュリティ的にありえねえだろ」
と思っていたんだが、大統領選挙中からRegents Parkに住む友人たちが目撃情報を続々知らせてくる。

で、この間日本人同期2人が、実際にフィットネスクラブにいってみて、本気でオバマの横でランニングマシンでトレーニングしてきたらしい。オバマがトレーニングをするときは、金属品は一切持ち込み不可で、Secret Serviceががっちり厳戒態勢をしいている、とのこと。

マジだったのか・・・何でもハイドパーク周辺に限れば、Regents Parkのフィットネス施設が一番ということらしいのだが、いやはや驚き。日本だと、麻生首相がコナミスポーツでトレーニングしている感じ?別に見たくないけど。

ジモティーなオバマの一面を確認できたお話でした。でもオバマ、気をつけてね。

少しでも面白い!と思われた方はポチッとお願いします!
ブログ王

[PR]

  by helterskelter2010 | 2008-12-17 07:04 | Private Life

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE