「キャリア」について ―①JOB EXPERIENCE IS A STRATEGIC ASSET

b0131315_12441421.jpg


久しぶりに、キャリアについて。
俺ごときがキャリアについて能書き垂れる分際でもないし、そもそもキャリアの考え方なんて個性の数と同じくらいあるんで今更何を、という感じだ。でもこの機会に自分にとって役立ったキャリアの考え方(というかキャリア選択で考えておくといいポイント)を簡単にまとめておきたいと思った。その理由は:

1.MBA受験目指す人や同級生・後輩からキャリア相談をよくされるし、相談のたびごとにあんまり違うことを言うのもマズイ。忘れないように自分の考えをこの機にまとめておきたい。

2.前職を退職してから、1年半近くも転職のことを考えてきたし、就職活動や友人との会話で得たいろんな示唆もある。転職目指してMBAを受験される方には何がしかの役に立つかもしれない。

3.MBAで得られたことの1つとして、キャリア観をじっくり考えられた、という点がある。MBAからのtakeawayの1つとしてのせちゃえ。


なので、なんら実証分析を伴わない、自分の個人的体験をベースにした一般論でしかなく、またそれがゆえにMBA→転職というルートに特にフォーカスしている(起業目指す人には役に立たないだろう)。業種としては、MBAの古き王道、コンサル・IBを特に念頭においている。ベタですね。

また、コンサル・投資銀行・事業法人のナニナニの仕事をやりたい、そのための面接攻略法・準備方法、といったSpecificかつ超実践的な内容でもない(まあ、また別の記事で書くもしれないけど)。そういうのは個別に先輩やヘッドハンターに相談したほうが、よりアップデートされた情報をGETできるでしょう。

能書きの能書きはオワリ。

キャリア選択を考えるときに、こういうことを考えておいたほうがいいんじゃないか、というポイント3つ。3つくらいにしとかないと忘れるので。

1.Job experience is a strategic asset

実務経験は何よりのValuable Asset。
転職当たり前の外資企業(特にコンサル・IB)の方にとっては当たり前のこと。でも、俺にとってはコレは会社辞めてMBAに来て強く意識させられた点。

b0131315_1245245.jpg


(1) 実務で学んだ知識・インサイト・身のこなし方はその深さ・定着性において他に代えがたい
 MBAでもファイナンスやマーケティングはもちろん学べる。しかも授業1コマ50万円もするんだ、そこで学んだスキルに価値がないわけがなかろうか(詠嘆)!! BUT、ハードスキルだけとりだしても、授業1学期分よりもコンサル・IBでガチに1ヶ月間働いた経験のほうが下手したらディープです(アカデミックには別かもしれませんが)。授業1コマ50万円だけど、それはこっちが払って勉強しているカネ。コンサルは1本数千万円、時に億を超えるフィーをお客さんからいただいて、それに見合う対価=アウトプットを数ヶ月間で出すように求められる。パフォームできなければクビ、というおまけつき。バンカーでも同じことでしょう、別にMBAの授業の底が浅い、といっているわけではなく、カネを払って得られる価値とカネを稼ぐために自発的に捻出しなきゃいけない価値のレベルが違うというだけです。それに、MBAの授業にはハードスキル習得以外の価値がもちろんある(というかそっちの方が大きい気がする)。

(2) 実務で得たスキルはポータブル。自分の「ポータブル・スキル」を磨くために会社を選ぶのもアリ  

実務で得たスキルには、会社を辞めて他社に行っても通用するスキルがある。もうエッサホイサと「企業特殊的熟練」を何十年も磨き続けて「ありがたや」と終身雇用の汁を吸う「社畜モデル」の時代でもないので、この「ポータブル・スキル」をいかに磨いて自分の市場価値を高めるかが非常に重要だろう。機械設備等の資本ではなく、「Human Capital」を競争力源泉にする企業が存在感を増していく時代では、なおさらそうなのだろう。

投資銀行のバンカーが転職する場合、面接で必ず見られるのがその人がどれだけ案件をやってきたかだ。どれだけ有名学校を卒業して、ピカピカの投資銀行に勤めていたとしても、マトモなディール実務経験がないとまず相手にされない。実務で得たスキルがないと、現場で「使えない」からだ。きついっすね。

逆に、既に磨いた「ポータブル・スキル」を武器に、もっとでかい仕事をしてさらにスキルを磨きたい、そのためにもっと大きな仕事のとれそうな会社に移る、というのもよくある現象。それでどんどん自分の「レジュメ」をバリューアップさせていく。

米国に来ると本当にみんな転職当たり前のマインドなので、まずはコレにびっくりした(頭では分かっていたが)。しかも転職の仕方がバラエティに富んでいる。MBA同級生の友達は誰もが知っているIT大企業でスター街道走っていたが、「もっと自分のスキルで腕試ししたい」とずいぶん小さなベンチャーに移ったやつもいる。日本だと「世間様」(笑)的にはイケテないキャリア選択なのかもしれないが、少なくとも俺の周りのヤツはそういう評価はしない。中小企業→大企業、大企業→中小企業への移動など当たり前かのようだ。「どの会社」にいたかということよりも、「何を」達成したかも重視する。もちろんBLUE CHIP企業に行くヤツはなんだかんだいって羨ましがられているし(コレをなかなか顔には出しません、奴らは)、それは日本でも米国でも同じような気はするが、やはり米国のほうが転職に対する心理的抵抗感が非常に低い気がする。

スキルからやや話がそれたが、「そこでどういう実務経験が得られるか」という観点から柔軟に就職先を選び、それをジャンプ台にして次の高みを目指す、という実務経験をアセットとして戦略的に捉えるMBA同級生たちの価値観には大分感化されたし、やっぱ前職にいたままではなかなかそういうマインドセットになりにくかっただろうな、と思う。

(3) ただし、やりすぎて「修行の無限ループ」にハマるのには注意!

「ポータブル・スキル」を携えて企業を渡り歩く、てのは木刀を手にした武蔵が各地の道場を破っていくみたいで何となくカッコイイ感じがする。でも実務でスキル向上できる面ばかりを気にして、結局自分のやりたいことができないのは本末転倒。

「起業したいけど、やはりコンサルで修行をしてから」「PEやりたいけど、やはりIBでスキル磨いてから」、というのはキャリア転向組が良く考える(俺も考えた)ことだし、実際大きく間違ってもいないんだけど、気をつけないと延々と修行ばかりして目的のDREAM JOBにたどり着かない。これはサイアクだ。若いうちはともかく、俺みたいに年とってくると尚更リスキー。

たしかバフェットが言ってたか、(上記のような相談をした学生に対して)「それは、セックスを楽しみにとっておくために、老人になるまでセックスを我慢するのと同じだ」(俺のうろ覚え)と。

起業に役立つスキルも、PEに役立つスキルも、本当は起業・PEそのものをやって得るのが一番なので、「やれる機会があるなら、やったほうがいいと思うよ」と俺のMBA先輩もアドバイスしてくれた。修行のために修行をしているような状況は、避けたほうがいい。

じゃあ自分が本当にやりたいことは、どうやって選べばいいのか?そんなん大学生のうちに見つけておけよボケ!!、ということでしょうが、俺も怠け者だったのであんまり深く考えていませんでした(合掌)。バフェットは「自分が得意なことをやれ」と言います。就職活動では良く、「自分に『フィット』する仕事・会社を選べ」と良く耳にします。でも「フィット」で何なんでしょう?面接官との相性?そんなことを次の2番目、3番目のポイントで触れたいと思います。
[PR]

  # by helterskelter2010 | 2010-04-24 13:02 | Career

7 Questions: How to get admitted to Chicago Booth

Admissionへのインタビュー記事のご紹介。
基本的な内容ばかりですが、これからMBA受験を考える方のご参考に。

ちなみに今年の某大MBAの合格状況を聞いていると、外資企業(特にコンサル・投資銀行)出身者が例年より多くなっている印象。ちゃんと数字みていないので正確には分かりませんが。他方、Chicago Booth合格者は日本企業出身者の方が多い気がしますね。

当然、出身企業はAdmissionにとって参考データの1つでしかない。でも、MBA合格に有利なバックグラウンドてのもありそうな気がする。他方、俺の前職の会社(日系)なんて米国では全く知名度ないだろうし、まず選考で有利に働いた要因とはいえないだろう。でも合格したので、やはりレジュメ・エッセイ・インタビューでのアピールをしっかり見ていてくれたんだなあ、と思う。

「ドメ(non帰国子女)で、ドメ企業出身なんですが、大丈夫ですかね?」と不安げにご相談されるMBAアプリカントの方もいらっしゃるが、大丈夫、ドコにいたということよりも、ナニをしたかが重要。胸張ってこれまでのLearning・Achievement、そして入学への動機を語れば、チャンスはあります。
[PR]

  # by helterskelter2010 | 2010-04-19 06:06 | MBA受験

経済の新陳代謝

Distressed Investing & Restructuring Conferenceに行ってきた。場所はThe University Club of Chicagoで、なかなかに荘重な雰囲気の講堂。

b0131315_9555741.jpg


Distressed Debt投資や、企業再生について現状のトレンド、ケーススタディを各パネルでディスカッションしていく。スポンサー&ゲストスピーカーはなかなかに豪華。Blackstone Group(言わずもがなの巨大PE)、Rothschild(言わずもがなの名門投資銀行。M&AアドバイザリやRestructuingに特化)、Miller Buckfire(Rothschild 同様の特化型投資銀行)、Alix Partners(企業再生のコンサル)、Kirkland & Ellis LLP(俺が今受けているLaw Schoolの教授がパートナーやっている法律事務所)等。

b0131315_12322359.gif


個人的にはチャプター11申請して事業再生した企業のケーススタディが非常に面白かった。対象企業、投資銀行、コンサル、法律事務所が連携して企業を建て直していくダイナミックな(かつシンドイ)プロセスを担当者が生々しく説明する。コンサルはCAPEXの削減、Working Capitalの効率化等をゴリゴリ進めるとともに、その企業のCash Lever(=Cash Flowを生み出す源泉)を絞込み、それをベースに新しいビジネスプランを構築する。そのビジネスプランをもとに、投資銀行は最適なCapital Structureを練り上げ、必要な財務リストラも進める。法律事務所はTax Issueの改善、債権者との契約見直し、チャプター11申請の手続きについてアドバイスする。いわゆるTurnaroundなんだが、ビジネス・財務・リーガルと、総合力を駆使してあたらなければならない案件のため、重要な論点が多く勉強になった。企業も生きるか死ぬかの状況なので、平時の資金調達や中期経営計画の見直しといったプロジェクトに比べると、緊迫感は比較にならない。

Legal TableではGMのリストラ案件に話が及んで、シカゴ・ロースクール教授のJack Levinが「あの時の政府の介入といったらサイアク」と、シカゴらしいコメントを吠えていたのが楽しかった。こういうコンファランスてのは、まあ講演自体はあんま面白くない一般論だけしゃべることが多いんだけど(それにも理由があるが)、やっぱ聞いているほうはポジション・トークを期待してしまう(笑)。

もともと事業再生には興味があったけど、

・一口に事業再生・Turnaroundといっても、いろんな職能・ステージの仕事がある
・米国の法制(チャプター11の前向きな性格)や資本市場の厚みは、事業再生ビジネスにsupportiveだ


ということがより良く理解できた。
他方、やっぱり相当にタフな仕事であることは間違いないわけで、Rothchildのバンカーによれば

「コップに半分水が入っているのをみて、『もう半分しかない』ではなく、『まだ半分もあるじゃないか』と思えるメンタリティがないと、Restructuring Businessには向いていないだろう」

最近は事業再生ビジネスのニーズはかなり増しているらしい(米国)。米国の何がすごいって、危機でヘコまされても経済の新陳代謝が活発なのですぐに立ち上がってくるところ。経済発展にはイノベーションはたしかに必要だけど、そうして創出された新産業に資本・ヒト・技術がすみやかに流れていかないと経済発展のスピードは上がらない。古い産業から、新しい産業へのリソース・シフトが必要だ。だから古い産業のスリム化や退出をスムーズに進めるのもとっても重要な仕事だ。VCとかと比べて地味だけど、そこに事業再生の(マクロ経済的な)意義がある。

ビジネスに萌芽期→成熟期→衰退期というライフサイクルがあるのだとすれば、そのサイクルをスムーズに回していくエンジンが米国にはある。VC・ベンチャーは萌芽期を牽引し、PE(バイアウト)は成熟期のビジネスをLBOやRecapで合理化し、再生ファンドや今回の事業再生ビジネスは衰退期の企業を再生させるか、あるいは他へのダメージが少ないように整理する。コレに合わせ、流動的な労働市場や厚みのある資本市場がデンとインフラとして整っているおかげで、実に経済の新陳代謝が良い。

これも政府が意図的につくりあげたのでも、短期的に出来上がったのでもなく、市場と技術が歴史的に展開してきた産物なんだが、まあ本当にたくましい経済だと思う。コーポレート・ガバナンスの展開なんかも、市場と技術のダイナミックな発展(+規制緩和)で生まれてきたいい例だけど、またこれは別の機会に。
[PR]

  # by helterskelter2010 | 2010-04-17 12:33 | Career

GOAL soundtrack

b0131315_0253439.jpg


2005年の映画「GOAL」のサウンドトラック。ベッカムとかラウルとかスター選手がカメオ出演していてサッカー好きの人には「おお」と思えることを除けば、映画自体はまあ普通の作品。そういやマッキンゼーからBoothに来ているKくん(メキシコ人だが)が、異様にラウルに似ていて気になってしょうがないんだよなあ・・・まあそれは関係ないとして、この「GOAL」、サウンドトラックはなかなか良い。

オアシス、カサビアンといったブリット・ロックも入っているし、UNKLE関連のトラックも2曲入ってる。俺の大好きなバンド、SOUTHも1曲。いいサウンドトラックてのは、ある意味秀逸なMIXテープのようなもので、バラバラのジャンルの音を混ぜながら、それでいて1つの物語や雰囲気を感じさせるものだと思っている。「GOAL」のサントラは、映画の「スポ根+青春+成長ときどき挫折(笑)」を大きな軸にして、うまい選曲をしていると思う。

映画はイマイチだけどサントラはなかなか、ていう例は少なくないので、映画を観ずにサントラを買うこともよくある(笑)。「BASQUIAT」とか「SPAWN」なんかいい例か。「BASQUIAT」なんか、本当にいいセンスで、パンク・ヒップホップ・オルタナ・フォークとかジャンルめちゃくちゃなのに、1枚通して聴けるアルバム。実際にどれだけの曲が映画に使われたのかは知りませんが(笑)。
[PR]

  # by helterskelter2010 | 2010-04-13 00:45 | Music

感動できるのも実力の内

少し前に話題になったソフトバンク孫社長のスピーチ。迫力ありましたねー。

b0131315_9542897.jpg


留学中の身であるせいか、新分野の開拓に挑戦していたり、グローバルなリーダーシップを持って活躍している日本人の動向にはより敏感になっている気がする。それがゆえに、今回の孫社長のスピーチも胸打つものがあった。俺が大学生のときに聞いていたらどうかな・・・そこまで感動しなかったかもしれない。当時は、ビジネスにも興味ナシ、ITにも興味ナシ(笑)、オシャレな格好して女の子にモテてればOK、なんて思っているダメ学生だったからなぁ・・・。

感動ということで言えば、孫社長が初めてマイクロコンピュータのチップの写真を見た時の感動っぷりがスゴイ。今回のスピーチで、俺がもっとも印象を受けた部分だ。

「これを見て、もうボロボロボローッと涙が出たんですね。全身の両手両足も指先がじーんとしびれて止まらない。人類はなんてすごいことをしたのか。人類は初めて自らの脳の働きを超えるかもしれないものを、人類は作った。発明した。このことのすごさを、このことの感激に、私はショックを受けた。感動した。」

いやまあ、たしかにチップの発明、すごいとは思うけどさ、号泣して体がしびれるほど感動できるものなのかと。なんでそこまで感動できるのかと。

孫社長は、そのチップの発明がもつ画期性、歴史を変えてしまうポテンシャルを見ていたのだろう。その影響で変化するその後数十年の世界のイメージが、そのチップを見た瞬間に頭の中に広がったに違いない。だから感動できた。情報技術に対する深い理解があるから、チップの本当の価値を、今後数十年というスケールの大きなコンテキストでとらえることができた。

これは誰にでもできることじゃない。俺みたいにITオンチの人間には、真価が理解できないから、孫社長と同じタイミングでチップの写真を見ていたとしても、彼の100分の1の感動も味わえなかっただろう。こういう感動ってのは、非常にStickyだ。「映画***を観ました、超泣けました、サイコー!」みたいなハナクソのような感動のことではない。その場で消えずに、ずっと心に残り、自分を駆り立て続ける力を持つ感動だ。

最近Helter Skelter Jr.を観察していると、本当に赤ちゃんてのは好奇心の塊だなあと思う。ハイハイ→つかまり立ちができてから、一気に視界・行動範囲も広がったので、何でも見て・触って・口にいれまくる(笑)。新しいものを見るそのまなざしは好奇にあふれている。感性のフィルターがほとんどないから、音とか映像の情報が、超ダイレクトに彼の感覚にささっているんだろう。でもその一方で、集中力はない。30秒ほどオモチャで遊んでいたと思ったら、TVで流れるCMの音に気をとられる。またその後は別のオモチャに目が向いている。気が散りまくりだ。

b0131315_9534243.jpg


Jr.は毎回新しいものに触れて、驚いたり、もしかすると感動もしているのかもしれない。でもそれは非常に即時的なもので、すぐに他のことに気が移りやすい(無意識では蓄積されているとは思うが)。孫社長の例みたいに、コンテキストを理解して、それが将来に及ぼす影響に胸をはせて感動する、なんてことはしない。当たり前だ、赤ちゃんなんだから。

しかし俺は赤ちゃんではなく、立派な大人であるはずだが、やっぱり即時的な感動・印象が日々の生活の大半を占めている。その場では「ホー」とか「へー」とか感心することはよくあるけれど、すぐに他の事に気が散る(笑)。凡人というのは、こうして一生気を散らされ続けて終わるのだろうか・・・その意味では孫社長の感動ってのは、本当に高次の能力だなあと思う。才能と努力があってこそ得られる感動。アントレの人ってのは、こういう能力が高い人が多いのかもね。子供のように感性のフィルターを鋭敏にしつつも、集中力を失わない。そしてたぶん、いい感動をいっぱい出来たほうが人生は楽しい。

すごい感動ができるってのも、実力の内ですね。
[PR]

  # by helterskelter2010 | 2010-04-10 09:58 | Private Life

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE